神戸市でキッチンのリフォームをする時のおススメはこちら

神戸市でキッチンのリフォームを検討しているけれどわからないことが多くてとお困りの方もいるのではないでしょうか。費用のこと以外にも考えなくてはいけないことがたくさんあります。神戸市での必要なポイントをまとめてみました。

神戸市でキッチンのリフォームをする時のおススメはこちら 》 神戸市でキッチンのリフォームをする時に必要なこと

神戸市でキッチンのリフォームを検討しているけれどわからないことが多くてとお困りの方もいるのではないでしょうか。費用のこと以外にも考えなくてはいけないことがたくさんあります。神戸市での必要なポイントをまとめてみました。

長く住んでいて住み慣れた我が家は心地よさがある反面、古びたのが気になったり、間取りが今の暮らしに合わない。キッチンが暑いとか寒いとか不満を感じてくるようになります。
 


キッチンのリフォームの目安は10年から20年だといわれています。

使い方にもよりますが、コンロやオーブンなどの老朽化は故障や不具合が多くなっていく原因になります。

最新の機器は使い勝手がよくなっていたりエコだったりするので検討する価値はあるでしょう。

必要な設備、照明、湿気や換気の問題など検討することはたくさんあります。
作業のしやすさも大切な要素です。

キッチンのリフォームはそう頻繁に行うものではないので、せっかくの機会だからあれもしたいこれもしたいと思うことでしょう。

でもそうなると費用がかさみそうで予算オーバーになっては困ると思うかもしれませんね。

リフォーム業者は特にこれといった資格が必要ではないのでピンからキリまでいろいろな会社があります。

 


リフォームを巡るトラブルも結構多いので、そうなったら嫌だなと思うとなかなかできないでいたりします。

知り合いに納得のいかないリフォームになってしまった人がいると余計気になりますよね。

でも、リフォーム時期になったら決断は早くした方が良いのです。

実は、昨年あたりからリフォームをする人が増えてきていて、見積もりの有効期限が2ヶ月先からとか、工事開始が3ヶ月先などということが多く発生しています。


 



私も見積もりを受け取ったときに有効期限が平成30年2月21日以降と書いてあったのでなんだろうと思いました。

見積もりをもらったのは平成29年11月なのに、工事完成予定の間違いではないかしらと思ってしまたほどです。


というのも、普通の見積もりって受け取ってから2~3ヶ月以内の期日が期限として書いてありますよね。
「○○日まで」という見積もりが一般的だと思います。

それが「○○日以降」とあるのです。書き間違えかと思ったらその日にちまで作業の手配が出来ないので契約しても実際の工事が出来るのはそれ以降ということでした。


オリンピックの工事関係とか、マンションやホテルの建築ラッシュとか、あちらこちらで建築中の建物を見かけるようになっていませんか。
建築関係はどこも忙しそうです。リフォームも同じです。

悩んでいるうちにどんどん時間がたってしまってキッチンのリフォームのタイミングを逸してしまったというのではもったいないですよね。


適切なリフォームを行なえば家の寿命は延びますが、放置しているとリフォームではすまなくなり、立て替えなくてはいけないということにもなりかねません。


 



理想的なキッチンのリフォームをするために考えなくてはならないことをまとめてみました。

何事もそうですが、神戸市でのキッチンのリフォームも念入りな準備が大切です。
<キッチンの間取り>

1.独立型
 



独立型とは、ダイニングとキッチンが完全に分かれているタイプです。

壁でキッチンが仕切られているので、油煙や調理をする時のにおいが他室にまで広がっていったりすることがありません。

調理をしている手元を見られる心配がないのでお客様が来ていても緊張しないで調理に専念することが出来ます。



2.オープン型
 


キッチンとダイニングを壁で仕切らずにひとでオープンな状態になっているのがオープン型です。

キッチンを壁に沿って設置し、調理スペースをダイニングに向けると省スペースになりますし、ダイニングにいる家族との会話もしやすくなります。



3.セミオープン型

 


キッチンをダイニングに向けて設置してはいますが、上部に吊り戸棚等をつけて目隠しがあるものです。

家族やお客様とのコミュニケーションをはかりつつ、ある程度自立した空間を確保したいという願いを兼ね備えたタイプになります。




<システムキッチンとオリジナルキッチン>

キッチンは大きくわけるとシステムキッチンとそれ以外のキッチンにわけられます。

1.システムキッチン

システムキッチンとは、調理台、シンク、コンロ台、レンジ台、収納棚など、キッチンに必要なパーツを組み合わせて天板と呼ばれる一枚板をのせ、全てを一体化したキッチンのことです。

表面に継ぎ目がないので掃除がしやすく綺麗な状態を保ちやすいキッチンです。



2.オリジナルキッチン(セパレートキッチン)

シンク、コンロ、調理スペースなどが独立して配置されているタイプのキッチンです。

キッチンの幅や高さにあわせてサイズを決められるので、既存の間取りにぴったりと収まるキッチンになります。




<キッチンのレイアウト>

レイアウトは、キッチンの使い方を考えて選びましょう1人で調理をするのか、複数の人が同時に調理をするのかでキッチンの中をどのように動き回るかでが変わってきます。


1.I型キッチン

 


I型は横一直線にシンク、作業スペース、グリル、そして冷蔵庫が並ぶレイアウトです。

動線が長くなるため広いキッチンには適していませんが、コンパクトなキッチンの場合は使い勝手がよくなります。



2.L型キッチン

 


グリル、作業スペース、シンクがL字型に並んだ配置です。

L字の角の部分の広さによってデッドスペースになりやすいので、主に使う人の体型を考えてサイズを決めると良いでしょう。



3.Ⅱ型キッチン

 


シンクと作業スペース、グリルと作業スペースという形で2列に分けたレイアウトです。

作業スペースが広く取れるので、複数で料理をするときにもストレスを感じないで作業できます。

動線が短く、作業効率が良いパターンになります。一般的にグリルを壁側、水回りを手前側に置くことが多く、家族とも会話がしやすいです。



4.U型キッチン

 


シンク、グリル、作業台をU字型に配置した間取りです。動線は一番短く、作業効率が高くなります。

独立型のキッチン向きで、作業スペースが広く取れ、ゆったりと作業できます。そのため、お料理好きの方に向いているといえます。



5.ペニンシュラ型キッチン<
 


シンク、作業スペース、グリルなどをI型やL型などに並べ、一部を壁からを突き出した形になっているのがペニンシュラ型です。

ペニンシュラとは英語で半島のこと。陸地に見立てた壁から伸びている半島をイメージしているのですね。


キッチンにいる人とダイニングにいる人とのコミュニケーションがとりやすくなります。


6.アイランド型キッチン

 


カウンターの一部を「島(アイランド)」のように壁から離して設置したタイプです。

アイランドになっているキッチンを囲むようにして作業が出来るので、友達を呼んでホームパーティーをしたり、お料理教室を開催したりするのに向いています。
神戸市で希望の時期までにのキッチンにリフォームをするためには、リフォームのれをしっかりと把握しておきましょう。

ダンドリがわかっていれば安心してキッチンのリフォームを進めることがますね。


1.キッチンのリフォームに関する情報を集める

 


キッチンのリフォームを神戸市でしようと思ったけれど、何からはじめたらいいのかわからないという方は、キッチンのリフォームに関する情報を集めるところからはじめてみましょう。

ネットにはキッチンのリフォームにしてたくさんの情報がありますし、リフォームに関する雑誌もたくさんあります。

ネットではキッチンのリフォーム写真もたくさんアップされているのでいろいろと見比べることがます。

あなたが好むものはどういうタイプなのかだんだんはっきりしてくるでしょう。

 


どのようなキッチンにしたいかがはっきりしてきたらメーカーの神戸市にあるショールームに行ったり、大型家電販売店のリフォームコーナーへ行ったりして展示してある製品を見てみましょう。

ショールームに陳列されてあるキッチンセットやレイアウトをみると、理想のキッチンのイメージがより膨らんでいきますね。


2.問い合わせ

 



どんなキッチンにしたいかイメージできたら、次はどこのリフォーム会社に頼むか考えなくてはなりません。

神戸市にリフォーム会社はたくさんあります。でも、どこも同じというわけではありません。それぞれによって得意なものがいます。

そこでおすすめはリノコです。

 

https://www.renoco.jp/


ウェブからの見積もり依頼は30秒で出来るのでいつでも申し込めますね。

見積り依頼をした後は、その日か遅くても翌日にはスタッフから電話がかかってきます。そこで希望をつたえると条件にあう神戸市のリフォーム会社を最大5社まで紹介してくれるのです。


3.現場調査

 
正しい見積を作ってもらうためには、担当者に時間をかけてキッチンの状態を見てもらったり、要望を伝えたりします。

現地確認をしてもらう時は一社ずつ時間をずらして個別に対応しましょう。

同じ時間に集まってもらった方が、一度に説明できるからいいのではないかと思うかもしれませんが、そういう訳にはいきません。

調査にした人たちは皆一斉に動くわけではありません。バラバラになって自分の気になるところから見ていきます。

あちこちから質問の声がかかったらいろいろ気になって、説明も中途半端になりかねないですし、聞きたいことも聞きそびれてしまう可能性もあります。

一対一の個別対応にして1人1人に十分な時間を使うようにしましょう。

また、現地確認の時にキッチンを普段のままにしておくことも大切です。

 


人がたくさん出入りするからといってキッチンを片づけてしまうと、リフォーム会社の担当者には普段キッチンをどういう状態で使っているのか見ることができません。

キッチンがどんな問題をかかえているのかわからなくなってしまいます。

間取りは同じなのに動線が不便になった気がするなどというのは、普段キッチンに何が置いてあるか、どのように使っているかを見に来た人が確認できなかったために起こることなのです。

また、キッチンのリフォームに対する希望は全ての会社に同じ内容を同じ言葉で伝えるようにしましょう。

全く同一の条件にしておかないと、前提が変わってしまうので、全ての会社の提案を比較するのが難しくなってしまいます。


4. 見積、提案を比較する

 


現地確認から数日すると、各社から提案や見積もり等が出てきます。

いよいよプランの比較検討をしていきましょう。

どこのリフォーム会社が一番安いとか高いとか気になるところですが、金額だけで決めようとしてはいけません。

単に安いからで選んでしまうと自分が思っていたものと違う仕上がりになってしまうことが良くあります。

シンクやコンロ、壁紙、場合によってはフロアまでどこの会社が何を使っているのか、自分の希望通りのものになっているかしっかりチェックしましょう。

 


考えていたよりも便利そうなプランが出てくるかもしれませんし、思ってはいなかった提案があるかもしれません。

提案や金額を見て、疑問があったら担当者に確認しましょう。

その時の対応もチェックポイントの一つです。
こちらの話をしっかりと聞いてくれて、疑問点を解決し、プロとしてのアドバイスをきちんとしてくれるような担当者なら、任せて安心という気になりますよね。


5. 契約

 


各社から出てきた提案を検討してこの会社にしようと決めたら、いよいよ契約です。

でも、すぐに契約を締結するのではありません。

契約書を交わす前に、今までもらった「提案書」、「見積もり書」、「仕上がり図面」、「工程表」などをもういちどチェックしましょう。

比較検討して疑問点を解決していくうちに、修正がいくつか入っていたりします。

最終の契約書にキッチンのリフォーム内容や金額に修正がきちんと反映されているかしっかりと確認しましょう。

 


契約した後の変更は日程が延びたり、金額が変わったりする原因となるので手を抜いてはいけません。

疑問点、不明点が残らないように細心の注意を払って契約書を確認しておきましょう。

全て問題がなければ契約書にサインします。


6. 工事が始まる前に

無事、契約を締結したらリフォーム工事が始まりますが、工事の前にご近所への挨拶をしておきましょう

 


キッチンのリフォームだけだからといっても、車両や人の出入りがあります。

大きな部品を運ぶでしょうし、音や振動もあるでしょう。

一軒家の場合でしたら、両隣とお向かい、裏のお宅に事前に挨拶をしておきましょう。

マンションの場合は、同じフロアと上下のお部屋の方に挨拶をしておきましょう。

また、管理組合がある場合は、そちらにも麹日程やリフォーム内容を連絡しておきます。

マンションの管理規約によっては居住者の承諾が必要な場合もあるので、リフォームを決めたら早めに連絡をしておくと良いですね。


7. 工事が始まる

工事の日程に従って、複数の職人さんたちが作業をしにやってきます。

 


挨拶だけでなく、時々は顔をだして様子をみましょう。

図面だけではわからなかったことや、もう少しこうしたいということが出てくることもあります。

コンセントと棚の位置関係とか、実際に作業が始まらないと気が付かないこともありますよね。

工事が始まった後に気づいたことがあっても、作業をしている人に直接言うのはやめましょう。

工事場の職人さんたちに決定権はありません。

リフォーム会社の担当者が窓口ですので、そちらに連絡をしましょう。

 


出来ることとできないことが出てくるかもしれませんが、相談してみなければ出来ることも出来なくなってしまいます。


休憩時間の差し入れは、施主さんが出さなければ、親方が職人さん達をねぎらうようになることが多いので、10時や3時に何か出してあげると喜ばれるという認識でそのようにしていました。

 


ほんのちょっとした気づかいで、コミュニケーションが円滑になります。

気持ちよくリフォーム工事をしてもらえたら良いですよね。


8.キッチンのリフォーム完了

工事が終わったら、必ず担当者に立ち会ってもらい確認しましょう。

 


図面や契約書の内容と実際の工事に違いがないかどうか、工事に不備がないかどうか一緒に確認をします。

そこで、問題が見つかればすぐに修正の手配をしてもらい、確認して神戸市のキッチンのリフォームが完成です。

今後のメンテナンスについても確認しておきましょう。
理想のキッチンで最初に作るものは何でしょう。ワクワクしますね。
 
キッチンのリフォーム相場について

私たちの周りにあるものにはみな、相場があります。

神戸市でのキッチンのリフォームにもやはり相場があります。

 


相場がわかると、見積もりが高いのか適度なのか、お得なのかがわかってきます。

キッチンのリフォーム費用は50万円から150万円が一般的だといわれています。

一般的という割には幅がありすぎるのではないかと思うかもしれません。これでは参考にならないという声も聞こえそうです。

とはいえ、意味なくこれだけの幅が出てきているわけではありません。

システムキッチンといっても、I型・L型・ペニンシュラ型などレイアウトによって金額は異なります。

システムキッチンと独立型のキッチンでも金額は変わっていきます。

また、既存のキッチンのレイアウトを変えずに新しいキッチンを取り付ける場合と、レイアウト自体から変えてしまう場合とでは、当然費用が変わります。

キッチンのリフォームの相場を見るためには、まず、自分の家の間取りから考えて、どのようなキッチンにしたいか考えることが必要ですね。

その時には、キッチンの寸法をしっかり測って図面を作ってみると良いでしょう。

 


見積もりをお願いするときに、いろいろなアドバイスももらえますが、自分なりの構想を書いておくと、比較してよりいっそう自分の希望に合ったキッチンのリフォームが出来るようになります

具体的に、キッチンの種類ごとに相場を見ていきましょう。

<I型キッチン>
 


I型キッチンとは、コンロ、作業スペース、シンクが一列に並んでいるキッチンのことです。

狭いスペースでも採用できることから、基本的なキッチンのタイプということができ、種類や価格なども選択の幅が広いタイプです。

基本的な価格帯の商品としては、クリナップのクリンレディが638,000円から、トクラスのベリーが718,000円から、パナソニックのラクシーナが638,000円からとなっています。



<L型キッチン>

 



L型キッチンとは、作業スペースをL字に曲げ、コンロとシンクが離れた配置になるキッチンのことです。

基本的な価格帯の商品としては、クリナップのクリンレディが861,000円から、トクラスのベリーが898,000円から、パナソニックのラクシーナが788,000円からとなっています。



<対面型キッチン>

 


キッチンとダイニングルームの間にカウンターがついていて、家族の様子が見えたり、お皿の受け渡しが出来たりするタイプです。

家族とのコミュニケーションが取りやすいので近年人気が出てきています。

基本的な価格帯の商品としては、クリナップのクリンレディが1,042,800円から、トクラスのベリーが878,000円から、パナソニックのラクシーナが828,000円からとなっています。
神戸市にあるマイホームのキッチンリフォームをすると決めたら、安心して任せられる会社にお願いしたいですね。

出来ることなら、自分たちの希望をしっかりと聞いてくれて、その上でプロとしての適切なアドバイスもしてくれる会社、そして、適正な価格で心のこもった丁寧な工事をしてくれる会社、そんな会社に頼みたいと思いませんか。



新築の時からの付き合いのある会社に今回も頼もうと思う、友人から良いところだと紹介されたのでその会社に頼むつむもり、など1つの会社で決めようとしていませんか?

ちょっと考えてみてください

リフォーム会社とひとくくりにいってしまいますが、会社によって得意不得意があります。

内装のリフォームにに特化している施工会社もあれば、外装のリフォームが得意な会社もあります。

お友達のところでは条件にぴったりだったかもしれませんが、あなたのところでは違っているかもしれません。



いくら紹介されたといっても、その会社に決める前に、自分の希望するキッチンのリフォーム工事を得意としている会社かどうか、実績はどのくらいあるのか確認する必要があります。
が、自分で調べるのって大変ですよね。

また、1社からの見積もりだけですと、その金額が適正なのかどうか判断が難しいものです。
比較するのはトータル金額だけではありません。

どんな材料を使うのか、追加料金は発生しないのかどうかなど、比べてみることによって見えてくるものがたくさんあります。

数社に見積もりを依頼するのは現代の常識と言っても良いでしょう。


複数の会社の見積とリフォームの提案を比べることで、より自分のしたいキッチンのリフォームが明確になってきますし知識も増えていきます。

簡単に複数の見積もりを取ろうと思ったらリノコリフォームがおすすめです。

無料の見積り依頼をすると最大5社まで希望に合ったリフォーム会社を紹介してくれるので見積り比較が出来ます。



<リノコにはこんな特徴があります>

1.お見積もりの価格は「商品+工事+保証」をセットにした安心の諸経費コミコミ価格です

リフォーム工事は頻繁に行うものではないので、そのときの相場がわかりづらいですよね。

見積もりをもらって安いと思ったら、経費は別だといわれて追加料金を請求されたという話を聞くことがあります。

リノコの見積もりは諸経費も含んだコミコミ価格です。材料費、工事費用、撤去費用、人件費などすべて含まれた価格なので、安心して見積もりを比べることが出来ます。


2.日本全国どこでも対応しています

ネットでよさそうな業者を見つけたと思ったら、別の地域のリフォーム工事しかしていない会社だったということもよくある話です。

リノコが紹介するリフォーム会社は北は北海道、南は沖縄まで全国各地に広がっているので、お近くのリフォーム会社をご紹介することが出来ます。


3.80万件突破の実績

リノコのリフォームサービスはこれまで80万件以上の利用実績(2017年5月現在)があります。

実際のリフォーム事例なども紹介してくれるのでキッチンのリフォームを検討するときに便利です。


4.安心のリフォーム保証

リノコはすべての工事に対して施工箇所の1年間保証制度を適用しています。

万が一リフォーム箇所に気になる点があった場合気軽に利用することが出来ます。

また、キッチンにはメーカー保証と同時に5年の機器延長保証が無料でつけられます。

商品が故障しても延長保証に加入していれば、保証期間中は自然故障や不具合に対して無償で修理が受けられます。

5.わかりやすいご案内

リノコは独自のサービスセンターを備えています。

リフォーム・コンサルタントは豊富な知識を元にわかりやすい説明をしてくれるので、専門用語を並べ立てられて何がなんだかわからなかったというようなことはありません。

6.匿名での見積り依頼

リノコは下見の日時が決まるまでは施工店にお客様の名前を伝えることはありません。

実名では聞きにくいような質問も匿名であれば聞きやすいということってありますよね。

また、施工店から直接しつこい営業などをされる心配がないのも匿名の良さです。


7.工事完了までフリーダイヤルが利用できます

リノコで申し込むとフリーダイヤルで施工店に連絡を取ることができます。

電話代を気にする必要もないですし、施工店に電話番号やメールアドレスを知られることもありません。


https://www.renoco.jp/